考える女性と笑う女性
  • ホーム
  • クリマラって何?効果は?

クリマラって何?効果は?

クリマラはパッチタイプの女性ホルモン補充薬であり、バストアップ効果などがあるため、女性らしい体つきをキープしたいという人におすすめです。
また、男性の中で女性化を希望する人が使うこともあります。

クリマラは肌に貼るだけで有効成分吸収することができますし、ホルモンバランスの乱れによって発生するさまざまな症状を緩和する効果が期待できます。
女性ホルモン補充薬としては錠剤の方がよく知られていますが、クリマラはパッチタイプなので成分がゆっくり吸収されるという特徴があります。
肌から成分をゆっくりと吸収することができるため、肝臓に負担がかかりにくいとされています。

錠剤によって体内のエストロゲンの量を急激に上昇させると副作用のリスクが高まるため、安全に使用できる女性ホルモン補充薬としてクリマラが人気となっています。
また、クリマラの場合は一度貼ったら効果が1週間程度持続することもポイントです。
飲み薬のように飲むのを忘れてしまう心配もないでしょう。

年齢を重ねると卵巣機能が低下してしまうため、女性ホルモンの一種であるエストロゲンの分泌量が急激に低下してしまいます。
それによって女性の体にはさまざまな不調が出てしまうということです。
クリマラの有効成分はエストロゲンの一種であり、クリマラを肌に貼るだけでエストロゲンの現象による体の不調を改善することができます。

クリマラは飲み薬よりも成分の吸収スピードが緩やかであり、副作用が起こりにくいとされています。
しかし、全く副作用が起こらないというわけではありません。
場合によっては頭痛や眩暈、吐き気、動悸、不眠、不正出血、乳房の張り、血圧上昇などといった症状が起こってしまうことがあります。

特に注意が必要なのは血栓症のリスクが高まるということです。
血栓症は血の塊で血管が塞がってしまうという病気であり、手足の痛みや痺れ、胸の痛み、激しい頭痛、急に視力が落ちるなどの症状が出た場合は注意が必要です。

クリマラはどこに貼ればいい?貼ってはいけない場所は

クリマラを使って女性ホルモンの補充をしたいという場合、正しい使用法を知っておくのがおすすめです。
正しい使用法といっても肌に貼り付けるだけなのでとても簡単に使うことができます。
基本的にはどこに貼っても良いとされていますが、貼る場所によっては肌への負担が大きくなってしまうので注意しましょう。

クリマラを安全に使いたいなら貼る場所がポイントです。
どこに貼ると効果が高くなるのかはもちろん、剝がれにくい場所を選ぶことも大切です。
クリマラは女性が女性特有の症状を緩和するために貼ることもできますが、男性が女性化したい時に貼ることもできます。

性器にはたくさん神経が通っているので効果が高そうだと感じる人もいるでしょう。
しかし、性器は肌がデリケートですし、何かを貼ると痒みなどが発生してしまうこともあります。
そのためクリマラを貼る場所としては適していないと言えるでしょう。

剥がれにくく効果を得やすい場所としては背中がおすすめです。
背中は成分が吸収されやすいですし、動きが少ないので剥がれにくいというメリットもあります。
また、貼りやすい場所としてはお尻や腰なども良いでしょう。
ちなみに、首など日光が当たるところに貼ってしまうと効果が薄まってしまうので注意が必要です。

クリマラを貼って1週間経過したら新しいものに交換しましょう。
一度貼り付ければ効果は1週間持続するということですが、剥がしてしまうと粘着力が弱ってしまうので注意が必要です。
そのためクリマラはできるだけ剥がれにくい場所に貼った方が良いでしょう。

また、一度に2枚貼るとさらに効果がアップすると考えている人もいるかもしれません。
しかし、2枚張っても効果がアップするわけではありませんし、副作用のリスクが高まってしまうだけなので注意しましょう。

関連記事