考える女性と笑う女性
  • ホーム
  • トリキュラーの副作用が辛ければ他のピルに変更

トリキュラーの副作用が辛ければ他のピルに変更

多様な薬

トリキュラーは3相性ピルの1種です。
ホルモン量が少しずつ変化していくことで、本来のホルモンの状態に近づけることができます。
ピルを飲んでいない時と同じような状態にすることで変化を最小限にできるので、身体の負担も少なくなります。

そのように工夫されているピルにも当然副作用はあり、トリキュラーの副作用でよく聞かれるのは飲み始めの頃に起こる吐き気や頭痛です。
吐き気はピルを服用している人が最も感じたことのある副作用ですが、これは身体がピルに慣れていないことで起こる症状です。
通常は2~3シートを飲み続けているうちになくなっていくということがほとんどなので、そこまで心配する必要はないでしょう。
しかし、中には体質的に合わないためか強い吐き気を催して実際に嘔吐をしてしまう人もいます。

服用後に吐き気だけでおさまっていればなんとか我慢できても、嘔吐することが多くなるとピルの成分も身体の外に出てしまいピルの効き目がなくなってしまうこともあるので注意が必要です。
そこまで症状が強くなく嘔吐はしなくても長期間にわたって吐き気が続くようであれば、トリキュラーが身体に合っていない可能性があります。
ピルの種類を変更することを視野に入れてみてもいいかもしれません。

もうひとつの副作用である頭痛も多くの人に起こる副作用です。
吐き気も頭痛も妊娠初期のつわり症状とよく似ていますが、これらの症状は身体が妊娠した状態になっていることで起こるので、原因はほぼ同じです。
トリキュラーを飲み始めた頃は身体の外から女性ホルモンが体内に入り、身体の中で分泌されるホルモン量を減らしますが、その調節が上手くいかないと副作用となって症状がでます。

そのため頭痛という副作用も飲み続けているうちに徐々におさまることが多く、一度身体が慣れてしまえば出現しなくなります。
ただ中にはどうしても身体に合わないという方もいるので、副作用が続く時には他のピルへの変更をしてみるといいでしょう。

ピルを服用する理由によっても種類を選ぶ必要がある

ピルを変更する時にはピルの種類を考えて選ばなくてはいけません。
種類によってピルに含まれている女性ホルモンの量が違うだけでなく、飲み忘れを防ぐ作りになっているものもあるので、自分の服用理由に合わせて選ぶことが重要です。

トリキュラーは3相性のピルですが、他に1相性のピルがあります。
これはピルに含まれている女性ホルモンの量が全て同じという特徴があります。
そのため飲む順番を気にすることなく期間中はどの錠剤を飲んでも大丈夫です。
副作用としては3相性に比べて不正出血を起こしやすくなることがあります。

含まれているホルモン量の変化以外にも、黄体ホルモンの含有量の違いによって第1世代ピル、第2世代ピル、第3世代ピル、第4世代ピルに分けられます。
トリキュラーは第2世代ピルです。

第1世代ピルの特徴は子宮内膜症の治療に向いている、出血量が少なく抑えられる、月経困難症の治療に使えるということです。
中でもルナベルというピルは健康保険が適用されるピルです。
しかし、避妊を目的としている時には保険適用にはなりません。
月経困難症の改善を目的としている時にだけ保険適用となります。

第2世代のピルの特徴は不正出血が少ない、休薬中の月経がしっかりと起こるということです。
第1世代のピルでは黄体ホルモンの量が多いことで起こる副作用が多かったため、黄体ホルモンの量をできる限り少なくしています。

第3世代のピルでは第2世代のピルにあったニキビができる、体毛が濃くなるといった男性化現象を抑えるように作られていることが特徴です。
そのため海外ではニキビの治療に使われることもあります。

第4世代ピルはニキビや吹き出物の改善ができ、むくみにくいという特徴があります。
ヤーズというピルは月経困難症の時には保険適用となりますが、避妊目的では保険適用になりません。
このようにピルには種類があるので、自分が必要としている理由に合わせて選ぶと良いでしょう。

関連記事