考える女性と笑う女性
  • ホーム
  • トリキュラーの副作用を少しでも和らげる方法

トリキュラーの副作用を少しでも和らげる方法

若い女性

トリキュラーは、避妊用ピルの中でも産婦人科で最も処方される、一般的なピルの一つです。
排卵の抑制を促すことから、正しく服用すれば高い確率で避妊することができ、現時点で妊娠を望まない女性が愛用しています。
また、生理不順や重いPMSを持っている方も、トリキュラーを使って生理のサイクルを整えている治療もあります。
トリキュラーは、女性の味方ではありますが、服用により頭痛や吐き気、体のだるさなどの副作用が起こることがあります。
トリキュラーを使うことで、体のホルモン環境が変化することで、使い始めて2か月程度は、吐き気などの他に、乳房の張りや生理以外での出血なども見られることがあります。

服用を止めれば、そのような副作用は発生しませんが、避妊することができなくなってしまいます。
避妊を確実にしたい方や生理不順の改善などの治療目的で服用されている方は、できれば服用を続けていくことが大切です。
トリキュラーの服用時間は特に指定はありませんので、吐き気などの症状がある場合には、寝る前や食事をとらない時間帯に服用することをお勧めします。
難しい場合には、吐き気止めを産婦人科で処方してもらい、症状を和らげることができます。
市販の吐き気止めを飲んでも大丈夫ですので、無理をしないことが大切です。

副作用で片頭痛を訴える方もいらっしゃいます。
体のホルモンバランスが慣れるまでは、頭痛が起こることがしばしばですが、市販で売られている痛み止めや病院で処方される鎮痛剤を併用することもできます。
痛みを和らげるためには、他の薬もうまく併用し乗り切ってみてください。
トリキュラーを2か月ほど服用してみて、副作用がとても強く症状が少しも落ち着いてこない場合には、薬が体質にあっていないことも考えられますので、医師に相談の上、トリキュラーの服用を中止し、別のピルに替えてもらうことをお勧めします。
避妊がしっかりとでき、副作用が出づらいピルを探してみてください。

限界を感じたらピルの服用は中止してもいい

トリキュラーを服用し始めると、ホルモンバランスの変化で妊娠初期のような症状を訴える方がいます。
妊婦さんが吐き気や頭痛で悩んでいる姿は一般的ですが、日常生活に支障をきたすほどの副作用が出る場合もあります。
一般的に副作用の症状は1~2か月程度で収まっていきますが、それでも強い吐き気や頭痛が続く場合には、服用を中止し、医師に相談することが好ましいです。

ピルそのものが体質に合っていない場合もあり、避妊目的であれば、基礎体温をつけることや避妊具をしっかりと使用することでもピルの代わりにすることができます。
生理不順を整える治療目的であれば、ピル以外の治療薬や漢方薬などで治療していくことが可能です。
また、日常生活の改善などなどでも女性の体はホルモンが整うことも十分にありますので、医師に相談してみてください。

トリキュラー自体は安全で、長く服用しても問題のない薬です。
医師も副作用はほとんどでないことが多いとの判断ではありますが、人によっては副作用が出てしまうこともあります。
正しく服用することで避妊をすることができるので、毎日忘れずに服用することが大切にはなりますが、副作用があるかどうかは服用してみないとわかりません。
自己判断で無理に薬を飲むよりも、医師に相談することで、より自分に合った薬を処方してもらうことができます。
トリキュラーと同様のピルは数十種類もありますし、別の婦人科で良いアドバイスを得ることもあります。
日常生活に支障をきたすレベルの副作用が生じ、限界と感じるほどの不快症状に悩まされてしまった場合には、無理にピルの服用をするのではなく、医師に相談してみましょう。
よりよい解決方法が見つかるはずです。

関連記事