考える女性と笑う女性
  • ホーム
  • ピルに頼らずに女性ホルモンバランスを整える方法

ピルに頼らずに女性ホルモンバランスを整える方法

女性ホルモンのバランスが崩れるとホルモンの分泌量が少なくなり、無月経や過小や過多月経、頻発月経になったり、これらの症状ではなくても生理痛や不正出血を起こすこともあります。
また生理前に頭痛、イライラ、集中力の低下や月経前症候群のPMSなどを引き起こし、更年期もホルモンバランスが崩れている影響によるものと考えることができます。

一般的に更年期は40代後半から50代半ばと言われますが、仕事などでストレスが多いためか30代など若い世代でも更年期のような症状があらわれることがあります。
これはプレ更年期と言われ、女性ホルモンが大きく影響しています。

更年期はエストロゲンという女性ホルモンが減少することで起こり、若い世代のプレ更年期はストレスなどの生活習慣が原因となってホルモン分泌が減ってしまいます。
女性ホルモンバランスが崩れることで体が正常な状態ではなくなるため改善したいと考えます。
女性ホルモンバランスの整え方にはピルを服用があります。

ピルは避妊薬という印象がありますが、ピルが治療で使われるのは避妊だけではなく生理不順やホルモンバランスの乱れによる女性特有の症状を改善することが期待できます。
ピルは毎日同じ時間の飲む必要があるなど面倒なこともあり、できればピルに頼らないホルモンバランスの整え方を取り入れたいと思うことも少なくありません。

女性ホルモンバランスが崩れる原因には睡眠不足や偏った食生活、運動不足や過度のストレスなどで、ピルを使わずにホルモンバランスの整え方は原因となることを生活の中で改善する方法です。
女性ホルモンバランスの整え方には特に食事で栄養をしっかり摂ることは大切です。
積極的に摂りたい栄養素には女性ホルモン分泌に重要な栄養素のタンパク質は細胞を作ってコレステロールを作ります。
また脳や卵巣の働きかけ分泌をコントロールするビタミン類、全身の細胞をきちんと働かせる鉄分や葉酸、エストロゲンと似ている大豆イソフラボンが含まれる大豆食品など栄養バランスを考えた食事は大切です。

女性ホルモンを活性化させるマッサージの仕方

ピルを使わずに女性ホルモンバランスの整え方には良質な睡眠をとったり、栄養バランスの良い食事、ウォーキングなど適度な運動やストレス解消などを意識することでホルモンバランスが整うことを期待できます。
ツボをマッサージする方法もあります。

女性ホルモンバランスを活性化させて整えるには、ツボをマッサージします。
加齢や生活習慣などで乱れることで女性ホルモンの分泌が減少することもありますが、その場合はマッサージが女性ホルモンの分泌を促し活性化させることが期待できます。

マッサージする部位はふくらはぎで、両手でふくらはぎを包んで横に揺らしてほぐします。
ポイントは優しく行なうことで力を入れ過ぎないことです。

マッサージをする際に温かくなるオイルを使ったりクリームを使っても良いです。
体を温めるクリームなどは血流やリンパの流れを良くするのでより良い方法です。
女性ホルモンバランスを活性化させて整えるためにマッサージも良いですがツボ押しも良いことです。

活性化させるツボは足の親指の中央にあるツボで、このツボを10秒程度押します。
痛みを感じると良いのですが、痛みを感じない場合はホルモンバランスが乱れている可能性があります。

湧泉という足裏の中央よりも上にあるツボも体の気の巡りに影響するツボや湧泉の斜め右下の副腎のツボ押しも女性ホルモンなどを分泌します。
ふくらはぎを優しく揉みほぐしたり、ツボを押して健康状態を確認することができます。
特にツボは押した時に痛みを殆ど感じなかったり、逆に緊張していて痛みを強く感じる場合などはホルモンバランスが崩れていると考えることができ、免疫力が低下している状態とも言えるので、寝る前などにマッサージやツボ押して健康状態を確認するのも良いことです。

関連記事