考える女性と笑う女性
  • ホーム
  • プレマリンの効果と副作用について

プレマリンの効果と副作用について

プレマリンとは、卵巣機能不全による不正性器出血などの症状がある場合、子宮内膜への作用と止血効果が期待できる「結合性エストロゲン製剤」のひとつです。
女性ホルモンであるエストロゲンは、女性の体内で卵胞の発育過程で分泌される物質で、エストロゲンのおかげで受精卵が着床しやすいように子宮内膜を厚くさせ、妊娠に向けた準備を整える役割があります。
このエストロゲンが不足すると、生理不順や卵巣の病気にかかる確率が高まり、エストロゲンには卵胞の成熟を促す作用があり、不足すると不妊の原因などを引き起こします。

その時に使用される薬がプレマリンで、プレマリンを適量飲むことでエストロゲンの作用が補われ、エストロゲン不足による症状などを改善できます。
特に「卵巣機能不全症」という症状に対しての効果は抜群で、卵巣機能不全症とは卵巣の機能が低下して、ホルモンバランスが乱れ生理周期の乱れや排卵障害が引き起こされるという症状のことです。

病院の検査結果などで卵巣機能不全症と診断されエストロゲンの不足と診断された場合は、プレマリンを処方されることがあり、無月経や無排卵周期症などで不妊が見られる症例のうちプレマリンの服用による排卵率は34.1%で効果的かどうかは疑問です。

プレマリンには副作用があり、子宮内の機能改善の代償として乳房の痛みや発疹、腹痛、吐き気、めまいと言った症状が現れることがあります。
またエストロゲンの増加は、電解質代謝に影響を及ぼすため、むくみや体重の増加など女性にとっては厄介な副作用もあります。
体重の増加は確かに嫌ですが、体重増加気になるからといって、プレマリンの服用をやめてしまうとさらに症状が悪化してし、効果がないからといて用量や用法を間違ってしまう、取り返しのつかない事態に陥ってしまいます。
もしそのような副作用が現れた場合や効果が現れない場合には、医師に相談して適切に対処してもらう必要があります。

低用量ピルとの違いは?

プレマリンは女性ホルモンであるエストロゲンの作用を補ったりする薬で、低用量ピルも女性ホルモン関係の薬でありますが効果には違いがあります。
そもそもピルというのは「卵胞ホルモンと黄体ホルモンの両方を配合して女性ホルモン剤のことで、エストロゲンとプロゲステロンという成分を含んでいます。
低用量ピルは生理不順などに効果がある一方、避妊効果も発揮します。

一方でプレマリンはエストロゲンのみを補う薬のため、避妊効果は低いとされています。
また、プレマリンに含まれるエストロゲンは、馬の尿から取られた天然の結合エストロゲンであるため、体内での活性が天然のエストロゲンに比べて100倍以上高いです。
エストロゲンの含有量だけ見るとプレマリンの方が多くなっています。
体内でのエストロゲンの作用は低用量ピルの1/7程度になるので避妊効果が出るほどの女性ホルモン量が見込めないため、プレマリン単体で避妊の効果はなくこの「避妊効果」が低用量ピルとの大きな違いと言えます。

また低用量ピルはプレマリンに比べて、エストロゲンの量が多く大容量のエストロゲンが体内に入ってくるためプレマリンよりも副作用が大きいとされています。
また、共に女性ホルモンの重点が目的の薬で併用できそうですが、プレマリンを服用していて効果がないので自己判断で低用量ピルを追加し服用したりすると、かえって女性ホルモンバランスが崩れてしまい余計な副作用を引き起こしやすくなります。
プレマリンとは低用量ピルを併用する治療法も確かにありますが、併用はかなり専門的な知識を要するため、自己判断でこのような行為を行うのは大変危険ですので、医師などへ事前に相談してから併用すると良いです。

関連記事