考える女性と笑う女性

更年期障害とは

更年期障害は、日本人女性の平均閉経年齢とされる50歳の前後5年間の更年期に発症するとされ、不安やイライラなどの精神神経症状、ホットフラッシュや顔の火照りなどの自律神経症状、肩こりや頭痛などの体性神経症状などです。
更年期障害は、原始卵胞の枯渇と共に卵巣の機能低下により女性ホルモンの1種エストロゲンの分泌量が不足します。
また、不足するエストロゲンの分泌を促進する為に脳下垂体から卵胞刺激ホルモンが過剰に分泌されてしまうホルモンバランスの乱れが原因の1つとされています。

更年期障害は、徐々に女性ホルモンの分泌量が低下していくので発症後期になる程症状が重くなり、より早期に治療を始める必要があります。
初期には、女性ホルモンの不足量が少なく生理不順や不眠症、頭痛などの症状も軽く体調不良と勘違いし、適切な治療を受けていない女性が多くいます。
中期には、ホットフラッシュや全身の倦怠感など代表的な症状を発症してしまい、更にエストロゲンが不足する後期には太りやすい体質になってしまい糖尿病や脂質異常症、高血圧症などの生活習慣が発症してしまう女性も多くなります。

更年期障害は、閉経の前後5年間の更年期に発症する症候群です。
更年期に当たる10年間ずっと更年期障害に悩まされる訳では無く、エストロゲンが不足し始める最初の3年間や閉経後3年間など体質によって個人差があります。
症状も精神神経症状から体性神経症状までと多種多様ですが、平均して5年前後悩まされます。
更年期障害は、初めはホルモンバランスの乱れに体が順応出来ず辛いケースがありますが、閉経を境に順応し症状が軽くなると共に男性ホルモンの1種テストステロンの分泌量が増加するので、閉経後は男性よりも快活な女性が多くなっています。

更年期障害は、加齢による卵巣機能の低下や閉経だけで無く、ライフスタイルの変化や過剰なストレスの蓄積、急激なダイエットなどによっても発症するとされています。
閉経年齢まで10年以上ある若い女性が更年期障害を発症するケースが増加傾向にあり、プレ更年期とも呼ばれる若年性更年期障害が問題となっています。

若年性更年期障害は、一般的な更年期障害の様に閉経に起因するホルモンバランスの乱れが原因では無く、無理なダイエットや過剰なストレスの蓄積、生活習慣の乱れなどによるホルモンバランスの乱れが原因です。
一般的な更年期障害と同様に生理不順や全身の倦怠感、頭痛、イライラなどの症状を発症します。
若年性更年期障害は、20代や30代が多く発症していますが、初潮を迎えたばかりの10代の女性も発症する事もあるので違和感を感じたら専門医に相談すべきです。

若年性更年期障害の症状と治療法

プレ更年期とも呼ばれている若年性更年期障害は、閉経の前後5年間を更年期とする一般的な更年期障害の様に3年間~5年程度かけてエストロゲンが徐々に減少するのではありません。
短期間で急激にエストロゲンの分泌量が低下する事から卵巣機能低下症とも呼ばれ、一般的な更年期障害に比べて症状が重くなる女性が多いので早期に治療する必要があります。
若年性更年期障害の治療は、早期閉経や卵巣の機能低下、ホルモンバランスの崩れなのか発症原因を明確にする事から始められます。

若年性更年期障害の治療は、月経を正常な周期に戻す為に不足しているエストロゲンとプロゲステロンを投与するカウフマン療法や早期閉経後に予想される骨粗しょう症や高脂血症などの疾患を予防する為にエストロゲンを投与するホルモン補充療法などが行われます。
また、生理不順やホットフラッシュなどの症状を軽減及び改善する桂枝茯苓丸や六味地黄丸、イライラや神経質などの精神症状を改善する加味逍遥散や逍遥丸、抑肝散加陳皮半夏などの漢方薬による薬剤療法が行われています。

若年性更年期障害は、無理なダイエットや過剰なストレスの蓄積など生活習慣の乱れが発症原因とされる事も多く、ホルモン製剤や漢方薬などの薬物療法に加えて生活習慣の見直しによる治療も行われています。
生活習慣の見直しは、肥満症や糖尿病の治療時の様に栄養バランスのとれた食事を1日3回摂取し、女性ホルモンの不足を軽減する為に大豆イソフラボンやイソフラボンから生成されるエクオールなどを摂取します。
若年性更年期障害は一般的な更年期障害と同様に痩せ難く太りやすい体質となってしまうので、医師の指示に従って食事療法と運動療法を併行して継続して行く必要があります。

関連記事